不妊治療最新の記事

はじめての不妊治療

もしかして、不妊症かも知れないと思ったら早めに産婦人科を受診しましょう。はじめて不妊治療に行く際に用意しておくと良いものは、2~3ヶ月程度測った基礎体温表です。基礎体温を測っていなかった場合はなくても受診は可能ですが、用意しておく方がいろいろな身体の情報がわかり便利でしょう。

不妊治療では、保険の効かない診療(人工授精や体外受精など)というものもありますが、かなりの部分で保険診療が適用されているので保険証は忘れずに持って行きましょう。不妊治療で産婦人科を訪れた場合でも、同じく問診表を記入することになるので、生理が始まった日や今までにかかった病気、開腹手術などについて思い出しておきましょう。また、不妊治療の診察の際に、必要であれば内診が行なわれる場合もあるので、診察に行く際には扱いにくいタイトなスカートやジーンズなどよりは下着の着脱がしやすいフレアースカートで行く方がいいでしょう。

不妊治療を開始するタイミングはいつからでも可能ですが、妊娠するチャンスは排卵の時しかないのでそれを逃さないように、生理が終わってから排卵日が来るまでの間に行く方が排卵のチャンスを逃すことなく治療を始めることができます。

 

 リックオウエンス  ドギャードのアクセサリー  住宅ローン

不妊治療について

不妊治療を開始するタイミングはいつからでも可能ですが、妊娠するチャンスは排卵の時しかないのでそれを逃さないように、生理が終わってから排卵日が来るまでの間に行く方が排卵のチャンスを逃すことなく治療を始めることができます。
カテゴリー
更新履歴
はじめての不妊治療(2009年9月17日)
不妊治療の第一歩(2009年9月17日)
不妊治療に積極的な病院(2009年9月17日)
不妊治療に必要なカウンセリング(2009年9月17日)