-不妊治療

2009年9月アーカイブ

もしかして、不妊症かも知れないと思ったら早めに産婦人科を受診しましょう。はじめて不妊治療に行く際に用意しておくと良いものは、2~3ヶ月程度測った基礎体温表です。基礎体温を測っていなかった場合はなくても受診は可能ですが、用意しておく方がいろいろな身体の情報がわかり便利でしょう。

不妊治療では、保険の効かない診療(人工授精や体外受精など)というものもありますが、かなりの部分で保険診療が適用されているので保険証は忘れずに持って行きましょう。不妊治療で産婦人科を訪れた場合でも、同じく問診表を記入することになるので、生理が始まった日や今までにかかった病気、開腹手術などについて思い出しておきましょう。また、不妊治療の診察の際に、必要であれば内診が行なわれる場合もあるので、診察に行く際には扱いにくいタイトなスカートやジーンズなどよりは下着の着脱がしやすいフレアースカートで行く方がいいでしょう。

不妊治療を開始するタイミングはいつからでも可能ですが、妊娠するチャンスは排卵の時しかないのでそれを逃さないように、生理が終わってから排卵日が来るまでの間に行く方が排卵のチャンスを逃すことなく治療を始めることができます。

 

 リックオウエンス  ドギャードのアクセサリー  住宅ローン

1瓶300錠入り 約20日分錠剤なので水かぬるま湯でお飲みください平成21年6月より弊店でネット購...

 

不妊治療を始める上で一番大切な第一歩は、不妊治療について夫婦でよく話し合うことでしょう。子供は夫婦のどちらか一人だけでは授かることはできません。本当に子供が欲しいのか、子供を持つタイミングはいつがいいのか、どのレベルの治療(タイミング法、人工授精、体外受精、顕微授精など)まで受けるのか、協力して不妊治療を行なっていけるのかなどについて、夫婦間で十分に話合いができていないと、いざ不妊治療を始めた時に意見の食い違いが出てきて精神的につらい状態に陥りやすくなります。

さらに、精神的に追い詰められたり、不安定な状態では不妊治療を続けていく中で悪影響を及ぼしてしまうこともあります。ストレスを強く感じたままでは、妊娠しにくいという話もよくあるので、まずは夫婦でしっかり話し合い、お互いが共通の認識を持った上で不妊治療を始めるといいでしょう。

夫婦二人の気持ちが一致すれば、次には病院探しへと進んでいくでしょう。今は、普通の産婦人科以外に専門で不妊治療を行なう病院もたくさんできているので、不妊治療のストレス緩和のために不妊治療専門病院を選択するのもいいでしょう。不妊治療専門病院の方がより高度な不妊治療を受けることができるというメリットもあります。

 

 沖縄でのお勧めの食事  沖縄旅行  電子マネー[ナナコ]nanaco

赤ちゃんが欲しい人とお手伝いするDr.の不妊治療の本(2003)

 

不妊症に対する治療の技術は年々向上しており、不妊症の治療を行なう病院や施設も全国的に増えてきています。ここでは特に不妊治療に対して積極的な病院や施設を紹介します。まずは、不妊治療を行っている人なら一度は聞いたことがある、北九州市にあるセントマザー産婦人科医院です。セントマザー産婦人科医院では、女性の生理周期にあわせたベストなタイミングで治療ができるように年中無休で夜間の予約診察を行なっており、遠隔地から受診する人のためには、地元の産婦人科医と連携を取りながら治療を進めてもらうことができるなど、充実したサポートを提供してもらえる病院です。

また、広島市にある広島HARTクリニックは、日本で初めてできた体外受精専門外来クリニック・高橋産婦人科が前身で、高い技術を持っているのは当然のことながら、不妊治療を続ける患者さんの満足度を高めることに力を注いでいるクリニックです。

その他、神戸市にある英ウィメンズクリニック・三宮不妊センターでは、納得してもらった上で治療を進めることが大切だとの考えから、1日1組限定で主治医による無料不妊カウンセリングを時間制限なしで行なっています。不妊治療を続ける人のことを考えて治療にあたってくれる病院が増え、不妊治療を受ける環境も向上していると考えられます。

 

 美顔器  朝バナナダイエットの落とし穴

不妊治療・滋養強壮 ジンセック 培養おたね人参 エキス顆粒60包

 

不妊治療は、いつまで続くかわからない、いつまで続けていいのかわからない、「出口の見えないトンネルのようだ」と形容されることもあるくらいに、不安やストレスを抱える人も多いのが現実です。

不妊症の検査をして、不妊症の原因が特定されることもあれば、現在の検査では原因を見つけることができない原因不明の不妊症もあり、確実な治療方法がない場合もあります。不妊治療の技術は年々進歩していても、不妊治療をすれば100%妊娠することができるわけではなく、妊娠するまでに長い時間がかかることもあります。不妊症ということに対する悩み、長引く不妊治療に対する不安やストレスを抱えていると治療に良い影響を与えないとわかっているため、病院の中に心理カウンセリングの専門スタッフをおいているところも多くなってきています。

高温期になると期待して、月経が来るたびにがっかりする、周りの何気ない言葉に深く傷ついたり、不妊治療は身体にも心にもとても負担の多い治療です。一人で抱え込んでいると閉塞感だけが膨らんでいってしまいます。落ち着いた気持ちで不妊治療を続けるためには、病院の心理カウンセラーでも、インターネット上の相談サイトでも、夫や友人でも、どこかに自分の気持ちを話せる場所をもっておくことはとても大切なことだと言えるでしょう。

 

 北海道旅行の注意点  ホワイトデー 本命 お返し
カテゴリー
更新履歴
はじめての不妊治療(2009年9月17日)
不妊治療の第一歩(2009年9月17日)
不妊治療に積極的な病院(2009年9月17日)
不妊治療に必要なカウンセリング(2009年9月17日)
カテゴリー
更新履歴
はじめての不妊治療(2009年9月17日)
不妊治療の第一歩(2009年9月17日)
不妊治療に積極的な病院(2009年9月17日)
不妊治療に必要なカウンセリング(2009年9月17日)